仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

新型コロナの影響で、結婚相談所でのお見合いも「オンライン化」が急速に進んできました。

私達の相談所でも行っていますが、こんな感じで進めます。

お見合いの日程調整は今までと同じくお互いの相談所経由で行います。お互いに「オンラインお見合い」を希望された場合は、どちらかの相談所が、ビデオ通話アプリZOOMのホストになります。ホストとなりました相談所は、ZOOMのミーティング設定をして、URLをそれぞれの会員様にお伝えします。

ビデオ通話アプリZOOMの操作はとっても簡単です。スマホあるいはパソコンにZOOMのアプリをインストールします。そして、事前に伝えられたURLをクリックすればビデオ通話に参加できます。

お見合い時間になりましたら、それぞれがURLをクリックしてミーティングに参加します。お二人が参加されたことを確認した上で、ホスト役の相談所仲人はお邪魔虫になりますので(笑)、ここで退出します。といっても、音声入力とビデオ画面をオフにするだけですが、お二人のお話は決してお聞きしませんのでご安心下さい。

オンラインお見合いは、通常の対面でのお見合いと比べて、メリットもあればデメリットもあります。

メリットは、

・お見合いのメッカであるホテルのラウンジの予約や場所取りが不要なこと
 当相談所では、ラウンジの予約は可能な限り我々相談所で行っていますが、予約が埋まっている場合は、男性会員様にお見合い時間の30分ほど前に行っていただき、席を確保してもらっています。それが不要になります。

・お見合い場所へ行く移動時間が要らないこと

・お茶代がかからないこと
 お見合いのお茶代は男性が払うことになっていますので、男性にとっては助かりますね。

・移動時間がないので一日に複数のお見合いを組めること

・遠方の方ともお見合いがしやすいこと

一方、デメリットは、

・家族に黙って入会している場合、自宅で行うと家族にバレやすいこと

・相手の雰囲気や匂いが分からないこと
 女性は匂いで無意識的に遺伝子が合う相手を嗅ぎ分けていますので、お見合いの席でそれが使えなくなります。

こういったメリット、デメリットはありますが、状況の変化とともにそれに柔軟に対応していく必要がありますので、慣れていくしかありません。また、デメリットは他の方法で補完していくしかありません。

一番大きなデメリットは「相手の雰囲気や匂いが分からないこと」です。「オンラインお見合い」で話した感じが良かった場合は仮交際に進みますが、新型コロナの影響で暫くは「オンラインデート(会話)」を続ける場合もあります。そして、実際にお会いした時に初めて雰囲気や匂いを感じることになります。ある程度日数が経ってから初めてお会いし、「あれっ?」となってしまってはとっても残念です。匂いは無理にしても、できるだけ「オンラインお見合い」や「オンラインデート(会話)」でお相手の雰囲気を感じ取りたいものです。

そのためには、自分の「感覚」や「直感力」を上げておくことが今まで以上に大事になってきます。

脳と脳はミラーニューロン(注)で繋がっていますので、その繋がっている感覚を感じ取ることで、お相手の雰囲気や波動をオンラインでも感じ取っていくことなんだと思います。

(注)ミラーニューロンとは、相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応する脳神経細胞の一つです。イタリアのジャコモ・リッツォラッティらによって1996年に発見されました。例えば、緊張している人を見ていて緊張が伝わり自分も緊張してしまったという経験はあると思います。私たちは知らず知らずのうちに影響を受けているようです。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================