仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

もうすぐ東京も緊急事態宣言が解除されそうですね。段階的に自粛制限も解除されそうです。

でも、解除されても、第2波や第3波を防ぐために、「新しい生活様式」が今後広まっていきますし、特に都心に通うサラリーマンやOLの方は、満員電車を避けるために、在宅勤務などは継続されるのでしょうね。

そうしますと、おうちで長時間、快適に過ごすために、同居しているパートナーとの関係性がとっても大切になります。

今、「おうちで夫婦仲良く」と題して、シリーズ物で書いています。今回のテーマは、「白砂糖を控える」です。

これどういうことかというと、白砂糖はイライラの原因になり、夫婦ケンカを起こしやすくするから、なるべく控えましょうということです。

夫婦間でちょっとしたことで言い合いになって(幸いオオゴトにはなりませんけどね)、後で振り返った時に、「何であんなことにイラッとしたんだろう」と不思議に思う時があります。そういう時は大概、ここ最近甘いものを取り過ぎていたりします。

白砂糖が含まれる甘いものを多く取っていると、血糖値の乱高下が激しくなり、血糖値が下がるとイライラするようになります。イライラするとまた甘いものが欲しくなり、悪循環に陥ります。

これ本当にてきめんに現れます。食べ物の力って凄いなと思います。人間の身体は食べ物でできあがっていますので当たり前といえば当たり前なんですけどね。

パートナーと心穏やかに過ごすためには、白砂糖を控えることはとっても大切です。コミュニケーションの取り方を学ぶことよりも大切かもしれません。白砂糖によって自動的にイラッと反応してしまいますから。白砂糖をなるべく取らないようにしようというのは意志の力で何とかなると思いますが、一旦、白砂糖を取ってしまうと、その後のイラつきは意志の力ではどうにもなりません。

パートナーの言動にイライラした時は、最近甘い物を取り過ぎていないかまずチェックしてみましょう。取り過ぎていたら、取り過ぎのせいにしてしまいましょう。これを心理学の専門用語で「外部化」といいます。自分や相手のせいにするのではなく、別のもののせいにしてしまうことですね。外部化は自分も相手も責めなくてすみますので、関係性も良好に保つことができます。

「さっきはゴメン。何であんなにイライラしちゃったんだろう。自分でも不思議やわ。そういえば最近甘いものを結構取っていたのできっとそのせいやわ。ゴメンね。」

と二人の関係を修復しやすくします。

でも、外部化も大切ですが、それ以前に白砂糖を含んだ甘いものを控えることが先決ですね。身体にもよいですし、イライラもしにくくなります。甘いものを買わなければ、家計にも優しいですしね。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================