仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

「仕事は婚活感覚で、婚活は仕事感覚で」行うのがオススメです。

仕事は、婚活のように「素敵なことが起きますように」とか「ワクワク、ドキドキしながら」行うと楽しいですよね。一方、婚活は、「いい人がいたらそのうちに」とならないように、仕事のように「目標や期限を決めて計画的に」行う方がいいですよね。

婚活を仕事感覚で行うことの一つの例です。経営用語で3Cというのがあります。事業戦略を立てるときに使うもので、自社(company)、顧客(customer)、競合(competitor)の頭文字をとったものです。

これを婚活に当てはめてみると、自分、相手、同性の婚活者、になります。それぞれを良く知ることが大事になります。

特に、自分自身を知ることが先決です。自分のことは案外分かっているようでいて分かっていませんよね。

そこで登場するのが、エゴグラムです。東大でも研究された性格診断です。

アメリカの精神科医のエリック・バーンが創始した交流分析理論に基づいて、バーンの弟子であったデュセイによって考案されたものです。心(自我状態)のエネルギー量を5つのグラフで表し、性格特性と行動パターンを見るものです。

5つというのは、CP(厳しい父親)、NP(優しい母親)、A(合理的な大人)、FC(自由な子ども)、AC(従順な子ども)の5つです。

この5つの心は誰にでも備わっていますが、人によってバランスが異なります。それが個性になります。どこが高いから良い、どこが低いから悪い、というものではないんですね。

自分の性格特性を知るためには、50項目ほど(色々なものがあります)の質問に答えていくことで分かります。

これ、結構面白いです。「なるほど」「納得」という感じです。

このエゴグラムの良さは、自分の性格特性が分かるだけではなく、自分に合ったお相手、つまり相性の良いお相手の性格特性も知ることができることです。

世の中の離婚原因のトップは「性格の不一致」ですので、相性の良い性格特性が分かれば、安心して婚活ができますね。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================