仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

初対面の方とのお見合いやデートなど、やはり緊張してしまいますよね。

相手のことも気になりますし、その上、相手からどう思われるか気になりますよね。

「第一印象はどうだっただろうか?」「笑顔が少しぎこちなかったかも?」「会話を楽しんでいるだろうか?」「この話題はどうだっただろうか?」など、気になりだしたら際限がありませんよね。

上手くやろうとすると、相手視点になってしまいます。相手の気持ちは分かりませんので、不安になりますし、これでよいかどうかは分かりません。

分からないものを考えても仕方ないので、開き直って自分視点に戻すのがよいですね。

自分視点に戻すためには、あえて「下手クソにやる。心を込めてやる」という考え方でやるのもよいと思います。

これは、お見合いやデートといった婚活に限りません。

どんなことも、初めてのことは不安になります。不安になったり、緊張したりした場合に、上手くやろうとしていないかチェックしてみるのもよいかと思います。

私は初めてのことをやる時は、緊張して肩に力が入ってしまうんですね。肩に力が入っているということは「上手くやろうとしている証拠」です。そんな時は「下手クソにやろう」と思い直します。

それでも、なかなか力が抜けない場合があります。それは無意識さんが働いているからです。無意識さんは自分を守ってくれています。何か理由があるはずなんです。

自分を守ってくれている無意識さんを信じて「心を込めて下手クソにやる」のが気持ち的には楽だと思います。

その方が結果的に、笑顔になれて、第一印象も良くなって、会話も楽しくなると思います。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================