孤独って嫌だなと思いますね。

本来、孤独は自分の思うままに好きに選択し行動できるので、楽しいものなのですが、自分の感覚が実感できず人に合わせることが習慣になっていると、自分を満たしてあげられず辛いものに感じちゃいます。

孤独の寂しさに意識が向き、ポッカリ空いた心の穴を埋めようと思い婚活を始め、結婚しちゃうと、より寂しさが強くなってしまいます。

私達は、個々に育った環境が違いますので、価値観が違います。自分の気持ちや価値観をわかって欲しいと強く思うと埋まらない現実にがっかりして、より孤独を感じるのです。

孤独から、心のポッカリと空いた穴を埋めるために結婚したいなぁと思う時は「待ったぁ」をかけて下さいね。

私は、孤独を強く感じて潰されそうな日々を過ごしていたのですが、今は、孤独を感じることなくワクワク楽しい人生を送っています。

もちろん、結婚生活が上手くいっていることもありますが、振り返ってみると「結婚」=「孤独を感じない」というわけではないことに気づきます。

私は、離婚を経験していますので、その違いがよく分かります。最初の結婚では、寂しさを埋めたいという目的でした。その結果、相手に強く「私のことをわかって」と、求めてしまいました。

「一人でも大丈夫!」と思えた時、寂しさや孤独を埋めるための結婚ではなく、より一層人生を楽しむための結婚になっていきます。

寂しさは、人に埋めてもらおうとすると、分かり合えない現実を見ることになり、より孤独を感じてしまうんですね。

他者に埋めてもらう無理難題を目指すより、自分の気持ちは、自分でわかってあげる方がいいですね。

自分を理解し、自分に優しい言葉をかけてあげられると、誰かに埋めてもらう必要がなくなります。

わかっていても自分に優しい言葉をかけてあげられない時は、もしかすると親の支配のような影響があるのかもしれません。

私たちは、ミラーニューロンの作用で親のように身近な存在の方の脳と繋がってしまうことがあります。

【ミラーニューロンとは】
ミラーニューロンとは、相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応する、人間の脳内の神経細胞の一つです。イタリアのジャコモ・リッツォラッティらによって1996年に発見されました。

親のミラーニューロンの影響を受け、親の「価値観や寂しさや孤独」までも自分の思いであると錯覚し、一心同体のように自分の感覚になってしまう親子(特に母娘)関係があるんです。私がそうでした。

素直な子どもの時期に一緒に生活していたわけですから、親の影響を受けて当たり前なんですが、親の気持ちを察しても解決にはならず、しんどいだけなんですね。

親には、育てていただいたことに感謝をし、親の期待に応えるのではなく、自分の人生自分の感覚で自分を幸せにするために歩んでいきたいものです。

そして、無理のない可能な範囲で親のサポートができるといいですね。

自分の「孤独や寂しさ」だと思っていたものが、自分の感覚ではなく親御さんの「孤独や寂しさ」を自分の感覚だと感じている場合は、早く解消しちゃいましょう!

そこで、FAP療法(Free from Anxiety Program : 不安からの解放プログラム)の登場なんです。

FAP療法は、自分の感覚だと思っていた感覚が、親の感覚と一心同体のように感じている場合、影響を受けないように遮断し、距離が取れるようになる効果が見られています。

ポイントは、自分の感覚であれば恒常性という心理作用が働き、心はバランスを取ろうとし、落ち着いていきます。

自分の感覚ではない時、気分転換と思い自分のために時間を使っても、気持ちは寂しくより孤独を感じてしまいます。

自分の感覚ではないものは解消できないので、気付いていき親の影響を受けないように上手く距離を取ることなんですね。

孤独を感じ気分転換をしても落ち着かない時は、「自分の感覚ではないのかも?」と疑ってみて下さい。

そう思ってみた時、少しでも気持ちが楽になれば、それは親御さん、あるいは身近などなたかの孤独を自分の感覚のように感じているのだと思います。気付いても治まらない時は、ちょっとだけ深めなのかもしれないので、FAP療法にアクセスされてみて下さいね。

by ISA

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================