仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

伊左代さん(私の愛する妻)は、私のことをよく誉めてくれます。また、私も伊左代さんのことを誉めます。

誉めるというと何か上から目線のような感じですが、気持ち的には「尊敬」と言った方がよいかもしれません。

例えば、つい先日、知り合いから生の落花生をいただきました。とても大きな落花生でした(写真)。生の落花生を塩茹でして食べるのですが、これがまた美味いんです。また、茹でた落花生を甘辛く煮ると更に美味いんです。落花生は私の大好物なんです。

私の知らない間に、落花生の甘辛煮を作ってくれていまして、それを食べたとたん「美味い!」「さすが!」と叫んでしまいました。

これは食べ物の例ですが、「凄いな」とか「さすがだな」と思った時は直ぐに口に出しています。

よく世間では、奥様方が「料理を作っても美味しいと言ってくれない」ということをおっしゃったりしますが、一言「美味しいね」と言うだけなのになぁと思ってしまいます。夫婦円満のためのよい機会なのになぁと思ってしまいます。

誉められるのも気持ちいいですよね。伊左代さんはよく誉めてくれます。以前は会社勤めしていまして、退職した時だけでなく今でも会社の話になったときに「36年間も凄いね!」って誉めてくれます。世間では当たり前のことですので、表面上は「大したことないよ」と言いますが、内心では嬉しかったりします。誉められるって気持ちいいものですから。

そうやって我が家では、「凄いね!」「さすが!」と、誉めたり誉められたりしています。誉め言葉は、夫婦の潤滑油のようなものですね。

これも習慣なのかなぁ、と思います。

思い返すに、伊左代さんがよく誉めてくれるので、私も次第に誉めるようになったのかも知れないなぁ。「さすが、伊左代さん!」

やはり、今の世の中、女性主導のようですね。(笑)

なお、自分は誉めベタだなぁと思われる方は、自己肯定感が関係するかもしれません。そのような方にはFAP療法がおすすめです。(FAP療法についてはこちら

by AKI

=========================================

(セミナーご案内)
いつまでも夫婦円満が続く7つの習慣”” セミナー

結婚が決まって、これからパートナーと新たな生活が始まる方。そろそろ結婚が近いという方。今、幸せ一杯ですよね!
でも、周りを見回すと、結婚生活何十年の先輩がこぼすパートナーへの愚痴?にちょっと心配になることはありませんか?
大丈夫です! 新婚時代からいくつかの習慣をつけておくことで、ずっとパートナーとの心地良い関係が続きます。
私達はそれを「いつまでも夫婦円満が続く7つの習慣」と呼んでいます。
その「7つの習慣」と、習慣にするためのコツをお伝えするのがこのセミナーです。
この習慣の中にはラブラブの新婚時代から始めないと、ちょっと恥ずかしくてできないものもありますので、これから結婚をされる方に是非、知っていただきたい内容です。

【日時】11月30日(土)14:00~15:30 (13:50開場)
【費用】3,000円(税込) 当日現金にてお支払い
【場所】東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山 (青山一丁目駅 徒歩3分)
【詳細】こちら

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼氏らが開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら

=========================================

【婚活無料相談】

婚活をしていると、時には立ち止まってしまうこともあると思います。一人で考えていると不安なもの。どんなことも自由に話せる場が必要な時に、お力になれればと思います。


【お申込み】こちら

【場所】 こちら

=========================================

LINE@で、婚活に役立つセミナー情報、パーティーなどのイベント情報、皆さんとワイワイおしゃべりして婚活のストレス解消やエネルギー充電をするお茶会などの情報をお送りしています。

LINE@ shanti-aki

友だち追加

=========================================