仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

安倍首相から、新型コロナの感染拡大を防ぐために、日本全国に緊急事態宣言が出されました。休業要請は各地方自治体の判断に任されていますが、外出自粛要請が出されていますので、多くの業種で休業あるいは開店休業状態になっています。また、休業していない業種についても、在宅勤務が広がってきました。

この先の仕事のことなど心配はありますが、とにかく今は、「おうちで過ごそう(STAY HOME)」ですね。できる限り人との接触を少なくする。今できることはまずこれですね。

おうちで長時間、快適に過ごすためには、同居しているパートナーとの関係性がとっても大切になります。

この時期、パートナーとの関係性を見直すチャンスでもありますね。

私達夫婦は以前から気分転換と運動を兼ねて、雨の日以外は一緒にウォーキングをしています。自粛が始まってからは、ウォーキングをする人がとても増えました。特にご夫婦でウォーキングをされている方を多く見かけるようになりました。

夫婦でウォーキングというのはとてもよいと思います。天気が良ければ気分もよいですし、よい気分だと気持ちが前向きになります。気持ちが前向きになりますと、否定的な考えが減っていき、会話の中身も自然と明るいものになってくるからです。

ウォーキングでの会話は、横並びで話をしますので、自然と「対等感」が生まれます。そのため、思っていることを遠慮せず率直に話ができます。

また、歩くことで脳が活性化しますので、色々なアイデアが浮かびやすくなります。お互いの話から刺激を受けて、新たなアイデアが浮かんだりします。まあ、我が家の場合、妻(伊左代さん)は私がいいアイデアを思いついて話をしても「それって新しいアイデアじゃなくて、単に二つをくっつけただけなんじゃないの?」と厳しい突っ込みが返ってきます。まあ、その通りなんですけどね。(笑)

今まで、ご主人が仕事一筋で頑張ってこられて、今、在宅勤務で奥様との会話に困っておられる方は、まずは一緒にウォーキングから始められることをおすすめします。

我が家は今日も一緒にウォーキングです。ついでに買い物にも行きますが、荷物持ちは勿論私の役割です。(笑)

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================