仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。

自分が見ている世界と相手が見ている世界は違うということは、普段、あまり意識しません。それは、相手にも同じように見てほしい、同じように感じてほしいと無意識に思っているためではないでしょうか。言葉を変えると、自分のことを分かってほしい、自分の気持ちを理解してほしいということです。

これは、小さい頃に母親に分かってもらいたいと思っても分かってもらえなかったことからくるのではと思います。それが満たされていないので、今でもそれを求めてしまうわけです。

長年連れ添った夫婦でも、相手のことや相手の気持ちが分からないこともあります。「えっ、そうだったの?」と驚くこともあります。

長年、一緒に暮らしても、自分の気持ちは伝えないと相手には分からないということです。

そのため、私達夫婦は、お互いに自分の気持ちを言葉にして伝えるようにしています。伝えるためには自分の気持ちに気づくことが必要になりますので、まず自分の気持ちを大切にしています。

相手への不満を吐き出すことではなく、相手を責めずに、自分自身が感じた気持ちを伝えていくということです。

自分の気持ちを見つめ、素直に相手に伝えることで、自分自身がよりクリアになっていくように感じます。

自分自身がクリアになっていくと、気持ちのよい一日が過ごせます。

人生って、あっという間だから、一日一日を気持ちよく過ごしたいなぁと思っています。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================