仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナー」を探すお手伝いを夫婦で行っております。

お相手に求める条件は人それぞれですが、一般的には男性は見た目と年齢、女性は見た目と年収を条件にする人が多いと言われています。男性が年齢を条件にするのは子どもが欲しいからであり、女性が年収を条件にするのは生活の安定を求めているからです。

お相手を探していく中で、お相手からなかなかお見合いの承諾を得られないような場合、求める条件を緩めた方がよいのか、緩めない方がよいのか、迷うところだと思います。

一般的には、条件を緩めた方が、お見合いの承諾を得られる可能性は高まります。でも、条件を妥協したような場合は、それが心の中で尾を引いてしまうことも考えられます。

一方で、条件を緩めずに婚活をし続け、条件に適ったお相手と結婚した事例もあります。

従って、正解はないということですが、もしこのような迷う状況になった場合、どうしたらよいかということです。

私は、自分の心に聞くのが一番だと思います。答えは自分の心が教えてくれます。

自分の心に聞く方法は至って簡単です。「心よ!」とタグを付けて聞くだけです。例えば、「心よ! 年収は〇〇百万円必要ですか?」とか、「心よ! 本当に求めているのは何ですか?」といった感じです。

そうすると自分の無意識とつながり、自分は本当はどうしたいのかを知ることができます。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================