仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままでいられるパートナーシップ」のお手伝いを夫婦で行っております。

お見合いの場所は、ホテルのラウンジを使うことが多いのですが、お見合いのメッカのようなラウンジと、お見合いではあまり使われないラウンジではどちらが落ち着いてお見合いができるか?というお話です。

お見合いのメッカのようなラウンジですと、周りもお見合いばかりなので、お互いにお見合いと分かってしまい、ちょっと照れくさい感じがするかもしれません。

お見合い場所としてはあまり使われないようなところですと、お見合いとは分からず、一見デートのように見えるので、そちらの方が気が楽と思われるかもしれません。

一見後者の方がよいように思われるかもしれませんが、私は前者の方が落ち着くと思います。

前者の場合、周りもお見合いばかりなので、照れくさい感じがするかもしれませんがそれは最初だけで、お相手の方が来られましたら、それぞれが自分のことで一杯で、周りのことなんかとても気にしていられません。

後者の場合、周りはおそらく女性同士のお客様が多いと思われますので、その中に、ちょっとそわそわしたカップルが入ってくると好奇心のアンテナがピクッとなり、好奇の目で見られる可能性が高くなります。不思議なもので、例えば、毎年4月になると新社会人の方が会社に入られますが、電車に乗っていても、何故か新社会人ということが分かると思います。同じように、「はじめて会うカップル」という雰囲気も分かると思います。

人間にはミラーニューロンという脳の神経細胞があります。他人の行動を見て、自分自身があたかも同じ行動をとっているかのように反応する脳神経細胞のことです。脳と脳は繋がっているとも言えます。緊張している人が側にいるとその緊張が移るというのがその代表例です。そのミラーニューロンによって、好奇の目で見ている人の脳と繋がってしまいますので、こちらも落ち着きが無くなってきます。

こういうことを考えますと、周りが同じようにお見合いの方が落ち着いてお見合いができると思います。

結婚相談所に登録される方が増えていますので、お見合いも増えており、そのため、お見合いのメッカであるラウンジも予約が取りづらくなっています。それでも可能な限り、予約をしています。お店もよく心得ておられ、事前にお名前をお伝えしておくと、当日、スタッフに名前を告げるだけで予約席に誘導していただけるからです。

一回一回が大事なお見合いですので、「心地良い時間が過ごせますように」と考えながら予約をしています。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================