仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

少し前にNHKの番組で「愛を科学する」という番組がありました。「愛」を科学的に研究している人を取材したドイツで制作されたものです。

結婚して最初は情熱的であったものが2年くらい経つと安心感という段階に変わっていくわけですが、その鍵を握っているのが「オキシトシン」というホルモンです。

このオキシトシンを使った研究が放送されていました。

オキシトシンは、安心感を感じたり、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を抑えたりする作用があります。

このオキシトシンの分泌を促進する一つが「肌の触れあい」です。肌の触れあいがあるとお互いにオキシトシンが分泌されて、安心感や幸福感を感じられるということです。

夫婦間で毎日できる「肌の触れあい」としておススメなのが「マッサージ」です。

私達夫婦も毎日、夜寝る前にお互いに10分くらいずつ、肩や背中をマッサージし合っています。マッサージする方はテレビを見ながらですが。

これがまた心地良いんですね。すぐに寝てしまいます。

起きたときは「極楽に行ってましたー」という感じです。

多分、オキシトシンがバリバリ出ているんだと思います。これ、癖になりますので、一度やり始めるとやめられません。

「結婚生活が長続きするだろうか」と、結婚を躊躇されている方は、オキシトシンを出して愛を長続きさせる方法がありますので、心配はご無用です。

結婚っていいですよ!

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================