仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

会員様のご成婚が決まり、ご成婚退会される前にお伝えしていることがあります。

それは、「一生ラブラブで過ごせる7つの習慣」です。

具体的には、以下の7つの習慣です。

1.毎日会話の時間を持つ
2.ちょっとしたことにも「ありがとう」を伝える
3.ちょっとしたケンカもリセットできる朝晩の挨拶(キスなど)
4.スキンシップ(マッサージなど)
5.親よりもパートナーを優先する
6.パートナーは対等と認識する
7.自分の気持ちを大事にする

夫婦関係の基本は何と言っても「会話」です。毎日会話する時間を意識的に設けることで習慣にしていきます。

「ありがとう」という言葉は、気持ちを伝えられますし、言われた方は嬉しいものです。夫婦という一番身近な関係だからこそ必要な気がします。ご飯を作ってくれたら「ありがとう」、買い物に行ってくれたら「ありがとう」といった感じで、何かやってくれたら「ありがとう」と伝えます。

朝晩の挨拶(キスなど)はケンカした状態ですとする気になれませんが、習慣化していますと、これがないと何か忘れものをしたようで気持ちが悪くなります。そのため、早く仲直りをするようになるという訳です。イタリア人になったつもりで朝晩のキスをするのもよいですね。

マッサージなどで触れ合うとオキシトシンというホルモンが出ます。幸せホルモンとか癒しホルモンとかと言われているものです。マッサージやハグ、キス、手を繋ぐという触れ合いは幸せ効果絶大です。

親から干渉されても、「意見や気持ちは聞くけれども行動しない」ということが必要です。親の意見や気持ちをパートナーに伝えて、二人で話し合い、最終的に二人で決めることが大事です。

人間関係は大きく分けて、「タテの関係」と「ヨコの関係」があります。「タテの関係」とは上下関係のことです。パートナーは「ヨコの関係」、つまり「対等」の関係です。上下関係になるとギクシャクしてきます。

自分自身の心が満たされていないと、他者に優しくはなれません。そのためには、自分の気持ちを大事にすることです。

これらが習慣になれば、夫婦の不満としてよく聞かれる、「会話が無くなった」、「やって当たり前で、労いの言葉が無い」など、先の心配はご無用です。

何事も最初が肝心です。新婚時代はラブラブですので、多少気恥ずかしいことでも平気でできます。そのタイミングで始めてしまって習慣化してしまうのです。

習慣化してしまえばこちらのもの。ずっと続きます。

つまり、幸せな結婚生活がずっと続くという訳です。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生らが開発されたFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員様には、ご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所には入会されず(入会も一切お勧め致しません)FAP療法のみのご希望も承っております。

お問い合わせはこちら

=========================================