シャンティAKI代表の神谷伊左代(ISA)です。

FAP療法を知るまでは、ミラーニューロンのことは全く知りませんでした。ミラーニューロンを知ったことで、自分を責めることがなくなり、人生がかなり楽になりました。

ミラーニューロンとは、相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応する脳神経細胞の一つです。イタリアのジャコモ・リッツォラッティらによって1996年に発見されました。

例えば、緊張している人を見ていて緊張が伝わり自分も緊張してしまったという経験はあると思います。私たちは知らず知らずのうちに影響を受けているようです。

自分の感覚だと思っていたことが、自分の感覚ではなく他者の感じているものを受け取っていることがあるということです。

自分の感覚ではないので、何とかしようと思わなくてもよいことが分かってきました。

人は、何とかしようとしてもどうにもならないと悩んでしまいます。何とかしようと思わないだけで気が楽になります。

もちろん、個人差があり人の影響を受けやすい人と受けにくい人はあります。感覚が敏感かどうかということですね。

敏感でない方は、人の感覚に左右されることが少ないので、私からするととても羨まし限りです。私は敏感なので、人の影響を受けやすい自分を受け入れた上で、自分の感覚ではないものはお返しするという方法を取っています。

私の経験ですが、私は母の影響をかなり受けていました。

17年前に結婚して離れて暮らすようになりましたが、一緒に暮らしていた時の影響(共依存関係)が強かったため、離れていても脳が当時の感覚を覚えていて影響を受けていました。

「母が不安だろうな」と感じて、毎週1時間から1時間半も電話で愚痴を聞いていましたが、母の不安は母の感覚なので、愚痴を聞いてもその時だけ気が紛れるだけで解消はしません。私が疲弊するだけなんです。

「母の脳と繋がっているなんて、そんなことあるわけないでしょう」と思いますよね。

敏感な人はその人のことを思ったり考えたりするだけで脳がつながっている感じがわかります。自分の感覚がザワザワとしたり、モヤモヤしたりすると案外相手の感覚だったりします。

相手のネガティブな感覚は、自分ではどうにもできませんので、相手にお返しします。

「心よ。この感覚は私のものではありませんので、母にお返し下さい」といった感じで「心よ」という言葉を付けてお返しします。

「心よ」と言葉をつける方法は、FAP療法の中の「心に聞く」という方法です。(詳しくはこちら

これだけで収まらない場合は、幼少期の「トラウマさん」があるかもしれませんので、FAP療法の「影響を遮断する」という方法で解消しちゃいます。

私の場合は、心に聞いてお返しすると共に、FAP療法を受けて「トラウマさん」を解消してきました。

自分の感覚ではないものはお返しして、自分の感覚を取り戻して、自分らしい自分の人生を生きちゃいましょう。

そして、自分の本当の感覚で、迷いなく結婚相手を選びましょう。

by ISA

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生らが開発されたFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員様には、ご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所には入会されず(入会も一切お勧め致しません)FAP療法のみのご希望も承っております。

お問い合わせはこちら

=========================================