仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

「お見合いの時、相手の顔のどこを見たらいいですか? 目をずっと見ていた方がいいですか?」との質問を受けました。

これはお見合いに限った話ではありませんが、1対1でお話する時に相手のどこを見たらいいかということです。特にお見合いの席では、視線というのはお相手が感じる印象に大きく影響しますので、大切にしたいところです。

ずっと目を凝視されると、何だか威圧感を感じてしまいますよね。

ぜんぜん目を見てくれないと、何だか自信なさげな感じてしまいますよね。

目を見たり目を逸らしたりが繰り返されると、何だか落ち着きのなさを感じてしまいますよね。

「優しい眼差し」という言葉がありますが、包み込むような優しい眼差しができるといいですよね。

「優しい眼差し」ができるように私が行っている方法は、相手の後ろにある光(いわゆる後光というものですね)をボヤーっと見ながら相手の目に焦点を当てる、という方法です。

この方法ですと、凝視した感じを与えずに相手の目を見ることができます。(勿論、ずっと目を見続けなくても、時には視線を外しても良いと思いますが)

この方法の良さは、相手の後ろにある光を感じることで、その人の本質(愛そのもの)を感じることができるようになることです。

その内にオーラが見えるようになるかもしれませんね。私はまだ見えませんけど。(笑)

どのようなやり方でも良いと思いますが、「優しい眼差し」ができると良いですね。

「目は口ほどに物を言う」という諺があります。目は言葉で説明するのと同じくらい、相手に気持ちが伝わるものだという意味です。

「優しい眼差し」で、「相手の本質を感じようとする優しさ」が相手に伝わるのではないかと思います。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼氏らが開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら

=========================================

【婚活無料相談】

婚活をしていると、時には立ち止まってしまうこともあると思います。一人で考えていると不安なもの。どんなことも自由に話せる場が必要な時に、お力になれればと思います。


【お申込み】こちら

【場所】 こちら

=========================================

LINE@で、婚活に役立つセミナー情報、パーティーなどのイベント情報、皆さんとワイワイおしゃべりして婚活のストレス解消やエネルギー充電をするお茶会などの情報をお送りしています。

LINE@ shanti-aki

友だち追加

=========================================