仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を夫婦でお手伝いしております。

婚活されている方は勿論「結婚したい」と思っている人だと思いますが、その「結婚したい」というのは、周囲からの結婚へのプレッシャーからくる「結婚しなきゃ」と混同している場合があります。

日本ではまだまだ「結婚して一人前」「結婚が当たり前」という考えが残っています。「お一人様」という言葉もありますが、「できれば結婚した方がいいでしょ」というのがまだまだ一般的ではないでしょうか。

そういう世間体ですので、親からのプレッシャーも結構あると思います。「結婚についてどう考えているの?」「いい人いないの?」とか、うるさいですよね。結婚についてとやかく言われることほどウザいものはありません。結婚って自分だけの努力でできるものではないですからね。そういう運命的なことについて、あたかも努力が足りないかのように言われたりするのはウザいものです。

そうやって親からのプレッシャーを受け続けていると、パンチドランカーのように、「結婚って当然するものだ」という考えになってきたりするのが曲者です。それが続くと「私もそろそろ結婚しなければ」という考えになり、それがいつの間にか「私も結婚したい」に変わってきたりします。

何事もそうですが、「~しなくてはいけない」という意識で行うのと、本心から「~したい」という意識で行うのとでは楽しさや結果が雲泥の差になります。やることは一緒ですが、そのプロセスでの気持ちと結果は大違いです。

婚活も一緒です。「結婚しなくては」という意識で行うのか、「結婚したい」という意識で行うのか、自分の本当の気持ちを明確にすることが、まず大事だと思います。

あまり難しく考える必要はありません。結婚したい理由が「一人だと寂しい」でもよいと思います。よい悪いはありません。「結婚しなくては」は頭で考えることですが、「結婚したい」はハートで感じることです。ハートで感じましょう。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生らが開発されたFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員様には、ご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所には入会されず(入会も一切お勧め致しません)FAP療法のみのご希望も承っております。

お問い合わせはこちら

=========================================