仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。

「結婚っていいよ!」と勧めたくて、結婚相談所を行っています。

結婚の何がどういいのか?

美味しいご飯が食べれたり、子供や家族を持てたり、寂しい思いをしなくてすんだり、と色々とありますが、一番はパートナーを通じて、自分自身を知ることができ、自分自身の成長を実感できることだと思います。成長とは嫌いなものが少なくなること、つまり、愛するものが増えることを言います。

パートナーと一緒に生活することで、相手の好きなところ、嫌いなところが目についてきます。パートナーでなくても当然好き嫌いはでてきますが、パートナーとはずっと一緒にいるわけですから放っておくわけにはいきません。

相手の好きなところ、嫌いなところは、自分の中にも持っている、自分自身の好きなところ、嫌いなところだったりします。この事実を知りますと、パートナーというのは自分自身を知るための鏡だということが分かります。鏡を通してみることで、相手を責めることなく、自分自身を責めることなく、ただあるがままの自分というものを知ることができます。

そのようにあるがままの自分を知るためには、鏡であるパートナーに自分の本心をオープンにして見せる必要があります。パートナーもそれに対して自分の本心をオープンにして見せて返す必要があります。

そうすることで、お互いが癒され、思い込みや枠が外れ、隠れていた可能性が引き出されて、より本来の自分を思い出していくことができます。これが愛なんだと思います。

お互いが成長し合うことで、お互いが変化し続けますので、お互いに対する興味は尽きません。

愛を育み合うことで、時が経てば経つほど、愛は深まっていきます。

そして、お互いに「魂のパートナーなんだな」と思うわけです。

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼先生が開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら
結婚相談所の会員の方へはご希望に応じて活動サポートの一環で行っておりますが、相談所の会員にはなられず、FAP療法のみのご希望も承っております。(お問い合わせはこちら

=========================================