仲良し夫婦研究家のAKI(夫)です。結婚相談所を通じて、「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を築くお手伝いをしております。

「ありのままの自分でいられるパートナーシップ」を築くための大事なことの一つに、「自分の弱さを見せられる」ということがあります。自分のコンプレックスとか、嫌いなところとか、恥ずかしいところといったものをパートナーにオープンにできるということです。

女性の場合は、自分のことを分かってほしいと思う人が多いので、自分の弱みをオープンにすることに抵抗は少ないかもしれませんが、男性の場合は、プライドが高いので弱みをオープンにすることに抵抗を覚える人は多いかもしれません。

男性は、家では仕事の話、特に仕事上の悩みを話さない人が多いと思います。何故、仕事の悩みを話さないのか?それは、「そんなことで悩んでいるの?」と思われたくないからです。やはりプライドが顔を出す訳です。

プライドを捨てた方がよいと言っているわけではありません。少しずつでもよいので、自分の弱いところも含めてパートナーにオープンにしていくことで、とても気持ちが楽になれます。

勿論、勇気を持って話をした時に、ダメ出しされたり、余計なアドバイスをされたりしたら、「もう話さない」となってしまいますので、話を聴いた方は、「話をしてくれてありがとう」という気持ちで聴くことが大事だと思います。

そうやって、弱みも話せるようになってくると、お互いに安心感が生まれてくるのだと思います。

私も妻(伊左代さん)には、何でも話します。いや、一つだけ話さないことがあります。それは、おこずかいの貯金額です。我が家はおこずかい制なので、もらったおこずかいを少しずつ貯金していますが、その金額はナイショです。知られますと、ちちくりちちくりとせびられるからです。家庭で使うものを買ったにも関わらず「それ、ダーリンのおこずかいでね。だって沢山持ってるでしょ」とせびられてしまうからです。(笑)

by AKI

=========================================

【FAP療法について】

もっと自信を持って婚活したい方へは、大島信頼氏らが開発したFAP療法を用いて無意識にアプローチしていくことも行っております。(FAP療法はこちら

=========================================

【婚活無料相談】

婚活をしていると、時には立ち止まってしまうこともあると思います。一人で考えていると不安なもの。どんなことも自由に話せる場が必要な時に、お力になれればと思います。


【お申込み】こちら

【場所】 こちら

=========================================

LINE@で、婚活に役立つセミナー情報、パーティーなどのイベント情報、皆さんとワイワイおしゃべりして婚活のストレス解消やエネルギー充電をするお茶会などの情報をお送りしています。

LINE@ shanti-aki

友だち追加

=========================================